ヤキマ警察、退院後の副官の帰宅を支援

ブログ

ホームページホームページ / ブログ / ヤキマ警察、退院後の副官の帰宅を支援

Jun 08, 2023

ヤキマ警察、退院後の副官の帰宅を支援

51歳のヤキマ郡保安官代理トラビス・ワトキンス氏が、火曜日に西ヤキマで家庭内事件への対応中に3発の銃撃を受けた後、ヤキマの病院から釈放された。

51歳のヤキマ郡保安官代理トラビス・ワトキンス氏が、火曜日に西ヤキマで家庭内事件への対応中に3発の銃撃を受けた後、ヤキマの病院から釈放された。

水曜日午後1時頃にワトキンス氏が釈放された後、バレー全域の当局がワトキンス氏を自宅まで護送した。 自宅で完全回復する見通しだ。銃撃事件の容疑者ジョン・ボーグマン(34)はヤキマ郡刑務所に拘留されており、保釈金は75万ドルに設定されている。同氏は第一級暴行罪で起訴されている。

法廷文書によると、911の切られた電話を受けて代理人らがサウスフォークロード900ブロックの自宅に呼び出され、そこで人々の叫び声や口論が聞こえたという。 その後、派遣者が折り返し電話し、家の人と会話して問題があったことを確認することができました。 議員らが自宅に到着すると、外でボーグマンさんの妻と会い、歩いて自宅に向かった。 彼らがドアを開けると、ボーグマンはライフルを手に議員たちに向けていた。 彼らは彼に銃を落とすよう命じたが、彼は発砲し、副官のトラビス・ワトキンスに命中した。

ボーグマンのパートナーはボーグマンを運び出し、ウェストバレー消防署に急行させ、マルチケア・ヤキマ記念病院に搬送される前に応急処置を施した。ボーグマンはその場で無事逮捕された。 彼はヤキマ郡刑務所に拘留されており、今日もヤキマ警察署による捜査が続けられている。

タイプミスまたは修正を報告する

ニュースのヒントはありますか? こちらからメールでお問い合わせください。

タイプミスまたは修正を報告するニュースのヒントはありますか? こちらからメールでお問い合わせください。トレンドのストーリー:ワシントン州でギャングによる暴行と殺害の夏 ご用心裁判官、ヤキマ犬殺しに懲役5年の実刑判決年々増加するヤキマの 2 つの都市のギャングと犯罪の物語ワシントンでハードドラッグを所持? 今では法律違反です月曜日のロミオとジュリエットの劇後、ジラの両親が動揺